Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

ホームページ作成過程で、事業内容を見つめ直し、ビジネスプランが見えた。

login

お客様の声

ホームページ作成過程で、事業内容を見つめ直し、ビジネスプランが見えた。


株式会社 川井工業
営業部 川井 園子
https://www.kawai-k.co.jp/

昭和22年(1947年)創業。 戦後復興の中で、人々の生活を支えるべく、木製サッシ・木製ドアの製造をスタート。

磨いてきた職人の技は、平成の時代になっても受け継がれ、ハウスメーカーのオリジナルドアの製造販売や和風の格子戸など、 時代の要望に応えた製品づくりを手掛けながら、実績を積み重ねてきた老舗です。長年培ってきた技術と木材の知識、新たに身に付けたデザイン力を強みとして、 創業70余年の地力を、新たな時代にも生かす試みも始まっています。

その一つが、インテリア雑貨や木製食器・木製玩具の製造販売を行う、『Humyhumy(ハミーハミー)』という自社ブランドの立ち上げ。波状型のデザインが人気のウォールシェルフや木製プレートなど、 木のぬくもりで生活を彩る雑貨たちは、職人技なくしてはできない逸品です。

自社の立ち上げとともに、宣伝広告戦略も見直されました。雑貨の販売網をインターネットで構築していくため、約10年、放置状態だったホームページをリニューアルすることに。

浜松商工会議所の会報誌『Newing』でホームページセミナーを知り、参加。 『ウェブサポ』でホームページのリニューアルをすることになりましたが、 途中、一時中断するなど、試行錯誤の状況を乗り越えてのリニューアルでした。 ホームページ開設や、リニューアルを迷っている方にとって、 参考になるお話をうかがうことができました。

株式会社 川井工業 営業部 川井 園子様

株式会社 川井工業様
株式会社 川井工業 様
株式会社 川井工業様
ホームページリニューアルのご相談を受けてから、公開までに3年。長かったですが、納得のいくホームページができたようで、感無量です(笑)。

本当に、お世話になりました。というか、これからもお世話になりますよ(笑)。
『ウェブサポ』さんのサポートなくしては、リニューアルは実現できなかったと思っていますし、これからホームページを充実してもっと良いものにするためにも、まだまだ『ウェブサポ』さんのサポートが必要ですから。

株式会社 川井工業 営業部 川井 園子 様


私にとって川井工業さんとのお付き合いは、ビジネスのターニングポイントになった案件でもあって、思い入れが深いんです。


公開までに3年もかかったし、途中で中断するなんて、ほかにないんじゃないですか? 最初に相談したのは、新たな事業を展開するにあたり、ホームページをリニューアルしたいと、そんな感じだったと思います。
ですが、盛り込む内容などを精査している段階で、新たな事業の道が彷徨いはじめてしまって、「(リニューアルを)再度考え直したい」と、お断りする形になってしまったんですよね。


ですがそのとき、『ウェブサポ』さんは、「事業内容が見えてきたら、またご相談ください」と言ってくれたので、その言葉に甘えました。 7〜8年前から、新規事業については試行錯誤していて、木製玩具を新しい事業の柱にしようとなったとき、同時に、ホームページで販売できるように、しっかりしたものに変えようとなったんです。

でもそのときは、ホームページをリニューアルするにあたってのビジョンが、定まっていなかったのだと思います。だから、迷いが出たのかなと。 ですが、この時間があったことで、新規事業だけでなく、会社の事業全体を見つめ直すきっかけになって、良い勉強をしたと思っています。


川井さんの考えている新規事業に関しては、きっと良い形の自社ブランドになると感じていましたから、残念だなとは思いました。
でも、川井さんの情熱も同時に感じていたので、解約ではなく、中断という形で、再びご相談いただける日を密かにお待ちしていました。


それがもう、本当にありがたかったし、うれしかったです。

お断りしてからも、たびたび顔を見せてくださいましたよね。そのときに雑談をしたり、ときには相談したり。 だから、試行錯誤の期間を抜けて、ビジネスモデルの道が何となく見えてきたとき、もう一度『ウェブサポ』さんに相談しました。今度こそ、リニューアルまでこぎつけるぞ!と。

そうして再び動き出したのですが、その後も予算などでまた迷いそうになりました。 そのときに迷いを払拭してくれたのが、またもや『ウェブサポ』さんの言葉。
「これから新規事業がもっとふくらんだり、内容が変わったりするかもしれないことが、迷いの一つにあるのは分かります。ですが、方向性は大筋で決まっていますし、販売できるものがあるのですから、まずライトプランから始めて、チャレンジしてみましょう。軌道に乗って、しっかりビジネスの道筋が見えてきてから、プランをアップグレードして作り込めばいいじゃないですか」と、一番安価で手軽に公開できるプランを提案してくれたんです。

予算は一番の課題でしたし、新規事業も本当にこれでやれるか不安もあった中、この提案はとても響いて、背中を押してくれるものでした。それは、ホームページリニューアルに対してだけでなく、新規事業に対してもです。

株式会社 川井工業様
株式会社 川井工業様

実際に制作作業をされてみて、どんな感想をお持ちですか?


思ったより、やさしいなと思いました。デザイナーの姉は特に。姉はパソコン操作に慣れているというのもあったと思いますが、 作業の手順を覚えてしまえば、思った以上に簡単だと、サクサク作業していました。

私も一緒に作業に携わり、一通りベースができてからの作業を主に進めたのですが、スムーズに行うことができたと思います。 それも、『ウェブサポ』さんの懇切丁寧なサポートのおかげ。何度、メールや電話で相談したか分かりません。毎日のようにやり取りしていた気がします。 それでも本当に親身になって疑問点や困っている点を分かりやすく解決してくれたこと、そして何より迅速な対応に、何度救われたことか。 おかげで、納得のいくリニューアルをすることがきました。本当に感謝しています。



今回のリニューアルでは、川井工業さんの企業サイトではなく、自社ブランド『Humyhumy(ハーミーハーミー)』を前面に出したものになっています。そうしようと考えた理由は?

もともと、新しい事業を立ち上げ、それを広く知っていただくためにと、リニューアルを考えていました。 これまでとはまったく違って、企業間でのお取引ではなく、直接エンドユーザーさまに情報を届け、購入いただくという事業。

ですから、新しいホームページでの主力は、インターネットショップでの販売を目的とした『Humyhumy(ハーミーハーミー)』だと思っていました。けれど、やはり、川井工業の根幹事業の露出を最小限にするのは、勇気がいりました。
ここも、リニューアルで紆余曲折した部分だったと思います。 川井工業の歴史や実績は、トップページや会社概要・沿線のコンテンツに掲載している程度なのですが、これまでのところ、悪い方向の動きはないですし、むしろ良い手応えの方が多い気がします。 また、エンドユーザーさまにとっては、技術力のある職人が作っていることもPRできるので、信頼していただけるポイントになっていると思います。

株式会社 川井工業様
株式会社 川井工業様


自社ブランドを立ち上げて1年、ホームページをリニューアルして約半年。手応えは?


実績としてはまだまだですが、エンドユーザーさまの声が直接届くのが、本当に感動で。

これまでの川井工業の事業は、BtoBだったので、なかなかエンドユーザーさまの声を聞く機会がありませんでした。だから本当にうれしくて、ものづくりのやりがいというのは、ここにあるんだなと、改めて感じました。

もっとうれしいのは、購入してくださった約7割のお客さまが、レビューを書き込んでくださること。しかも、ブランドコンセプト通り「癒される」「ほっこりする」などの反応が多いこと。
インターネット環境の利点は、レスポンスの良さというところにもあると思うのですが、それはお客さまにとって良いばかりでなく、返ってくる感想といった点で、私たちの側にとっても、良いものなのだなと思いました。

あとは、今までまったく接点のなかった業者の方からお声掛けいただいて、新しい商品開発を依頼されるということも出てきました。 その試作品を作る段階で、新しい技術も習得できてしまって、これは会社にとってもとても良い刺激となったと思います。 こうして思いがけないところでの相乗効果があったことも、リニューアルしてからの新しい発見。 こういったことが積み重なって、川井工業の新しい強みになっていくと良いなと思います。



このタイミングになってしまいましたが(笑)、自社ブランド『Humyhumy(ハーミーハーミー)について、教えていただけますか?


ホームページリニューアルの話の際にも出てきましたが、最初は、木製玩具を売り出していこうと考えていました。ブランドの名前も、「抱っこして」という意味の「ハグ・ミー」からとったもの。小さいころに、「抱っこして」とねだったときの想いに応えるように抱きしめてくれた、あたたかな記憶を、木製生活雑貨を通じてお届けしたいと思ったからです。

ですが、ここで迷いが生じました。そんな試行錯誤の末に、まずブランドのスタートとなるもっと身近な商品を生まれたのが、波状型のウォールシェルフです。 この波状型をブランドイメージとして、木製生活雑貨を作っていこうと。 現在は、波状型の木製食器も新商品として売り出し中で、好評をいただいています。

株式会社 川井工業様
株式会社 川井工業様
株式会社 川井工業様



木のぬくもりや形状が、とても癒されて、私も好きです。今後の展開が楽しみです。


これまでの川井工業ではなかった、新しい業者さんとのお付き合いももっと増えていくと思いますし、コラボ商品なども作っていきたいです。 もちろん、エンドユーザーさまからの声にも応えていきたい。これが一番です。

それから、木製玩具の夢は、まだ捨てていませんよ!(笑)。 親子のコミュニケーションとやすらぎをテーマに、現在、「お話積み木」という商品開発を進めていて、年内(2019年)に発売を予定しています。 来年は、木のぬくもりで親子のぬくもりをつなげるような、親子で楽しめるワークショップなども開催していきたいです。

株式会社 川井工業様



最後に、これからホームページ開設を考えている方やリニューアルを考えている方などに、アドバイスを。


私たちの以前のホームページは、公開した当初こそ、更新をしていたのですが、だんだんと滞って、10年放置状態でした。 これではせっかく予算をかけて作っても、台無しです。

こういう状態では、ホームページを持つことに利があるとは、思えなくて当然。 作ったままで更新されないというのは、元気がない会社だという印象を与え、信用度も落としてしまうと思うのです。良いことは一つもありません。 しっかり更新・運用しているからこそ、ホームページは会社の顔、名刺だと言えるのだと思います。

それから、もう一つアドバイスをするならば、まだホームページを持っていない方の中には、費用の面がネックになっている方もいると思います。 でも、自分たちの手で作れる安価なツール『ウェブサポ』さんがあります! 費用の面も含めた、ホームページ構築のアドバイスだけでなく、事業モデルやショッピングモールに関しても、アドバイスしてくれます。 ホームページを作るだけだと思いきや、作る過程で事業内容を見つめ直したり、埋もれていた自社の強みを見つけてくれたり、コンサルタントのような役割もしてくれて、それだけでも、ホームページを作る意味はあると思います。

うれしい、褒め言葉です。私たちも、こういった声に応え続けられるよう、努力していきます。今日は、インタビューのお時間いただきありがとうございました
 
株式会社 川井工業 営業部 川井 園子 様様